営業企画課

ここに見出しテキストを追加

私の仕事

主な仕事は、カタログの編集、コラムの執筆です。
お酒についてはまだ勉強中なので本格的なコラムはまだ書いたことがありませんが、今後はお客様が「買いたい!」と思ってくれるような提案をしたいと思っています。
また、カタログの構成や掲載内容を考えるのも重要な仕事です。当社のカタログは、業務店向けの『リカーズ』、一般の消費者向けの『酒類辞典』など、複数あります。それぞれのターゲット、顧客に向けて何をどうアピールしていくのか、ということを日々考え、更に充実したカタログの制作を目指しています。

仕事の魅力

営業企画課に配属されてすぐ、簡単なコラムの執筆を任されることになりました。
見開き2ページを自由に使って、12月号掲載の「クリスマス特集」を書くよう指示を受けたのです。内容を考えてもありきたりな発想しか出てこず、ヒントを得ようと色々な雑誌のクリスマス特集や過去のカタログを読み返しました。何とかラフ案を作成して印刷会社に提出し、戻ってきたデザイン案を見てみると、なんと1ページだったのです。
私の作成した指示書が間違っていたためでした。
そのせいで紙面の構成を変えなければならず、課内の先輩にも迷惑をかけてしまい、とても反省しました。
その内容や、出来上がるまでの工程は決して上出来とは言えません。けれど、実際にコラムが掲載されたカタログが納品され、掲載さているのを見るのは、とても嬉しかったです。

庄司を選んだ理由

私はもともと、飲料や食料品を扱う企業への就職を考えていて、特に輸入食品やワインに興味があり、色々と調べているうちに当社のことを知りました。
当社は、モノを流通させるだけではなく、「売りたい!」と思った商材について自ら企画を立て、カタログの紙面にコラムとして掲載することができます。
企画提案や編集作業が面白そうだと思ったこと、そして扱う商材がワインを始めとする世界のお酒だったことが決め手です。

未来の後輩へ
メッセージ

自分が何をしている時が幸福なのか、また何をしたくないのか、をハッキリさせることだと思います。
また、その判断条件をハッキリさせるためにも、様々な企業を知ること、実際に企業に出向いてみることは大切だと思います。 そのなかで、だんだんと就活の「軸」というものが見つかっていくと思います。より自分の条件に合う企業に出会うために、ぜひ頑張ってください!

privacy -policy